English  /  Japanese

MORIYUKI OCHIAI ARCHITECTS

- PIXY HALL -

pixy1.jpg
pixy2.jpg
pixy3.jpg
pixy4.jpg
pixy5.jpg
pixy6.jpg
pixy7.jpg
pixy8.jpg
pixy9.jpg
pixy10.jpg
pixy11.jpg
pixy12.jpg
pixy13.jpg
pixy14.jpg
pixy15.jpg
pixy16.jpg
pixy17.jpg

It is a interior of kindergarten which is specific for art education. The plan proposes a multi-purpose space to carry out regular nursery activities as well as special activities for both children and adults such as concerts, performances, exhibitions and workshops for children.
Therefore, by installing playground equipment shaped like a big mountain, which prompt various activities, I aimed to create a space where children and adults can expand their imagination.

The mountain shape prompts a variety uses, such as seats for concerts, a stage for dance and theatrical performances or a display area for exhibitions by artists and children.
The height difference between adults and children brings about different ways to perceive and enjoy this environment while promoting communication between them. A surface used as a counter by adults placed at child's height appears as a consecutive arch over houses to children. From a kid's perspective, the mountain rises from the clouds changing gradually from white to brown while adults looking down from the top of the mountain can see the clouds floating below.
Spaces with different qualities abound in and out of the mountain, where colorful triangular chairs can be assembled to create one's own place and discover new uses to one's surroundings.

This environment develops the imagination, expression, communication and creativity skills of children and adults alike.


facebook_logo2.jpg

子供のときに眺めた あの雲
かけあがったり すべりおりたり 
憧れ 夢みていた 遠くの場所・・・

絵画や音楽教育などに特色のある保育園の計画である。
平日の保育活動の他、週末に子供と大人が集い多目的に利用できる場所を求められた。
「子供と大人の世界の間にあるもの。 二つが共存しながら新しい魅力的な世界になること。」
そこから考え、デザインを始めた。
保育園の活動に柔軟に対応し、保育以外の様々な活動をも誘発するような場所ができればいいと考えた。
L字型の空間に、大きな雲のような階段状の什器を満たす。
透明な場所から雲が発生し、空を、緩やかに覆っていくように。

音楽会では座席に、ダンスや劇では舞台に、子供たちの作品発表のときは展示台に、またある日には山登りをしたり。
そういう、移ろいゆく変化の相が、この保育園にふさわしい気がした。
雲のワクワクするような自由さ、柔軟さ、おおらかさに溢れる場所、子供の想像力を無限大に広げる場所を実現させたかった。
設計中、雲をぼんやりと眺めながら循環する瑞々しい光と、子供の遊ぶ姿を重ねて考えていたように思う。

雲は空で刻々と姿を変化させる。雲の什器は視点の移動により様々な姿をみせる。
そこに子供たちは四色のおにぎり型の椅子を、積み木遊びのように置き彩っていく。
什器は子供の目線でグラデーション状に塗り分け、子供にとっては雲の中。
ラインより上を眺めると、雲から突き出し天にそびえる山々のようにも見える。大人は雲を見下ろす巨人となる。

中央のミニハウスには子供だけが知っている洞窟の世界、アーチの連続する世界がある。天井に開けられた窓から、三角の空を眺めたり。
ミニハウス上部の「天空の板」の裏は赤い鏡の世界。三歳児の平均身長にあわせ、大人もかがめば子供の世界へと冒険し遊ぶことができる。
大人になってから訪れると印象が変化するだろう。記憶の洞窟のようなものができたらいい。

雲で満たされたこの場所から、二つの世界の冒険物語が生まれ、
生き生きとした活動が展開されていくことを願っている。


facebook_logo2.jpg

category : kindergarten
location : kanagawa japan
contractor : setup
photo : nacasa & partners

English  /  Japanese
moriyuki ochiai facebook page

MORIYUKI OCHIAI ARCHITECTS

English  /  Japanese